6月の歌「あめふりくまのこ」

ハッピーシャワータイムの6月の歌は、「あめふりくまのこ」です。

「あめふりくまのこ」
作詞 鶴見 正夫
作曲 湯山 昭

ここ1年間ずっとコロナと戦ってきましたね!
先月も緊急事態宣言にてハッピーシャワータイムはお休みでした。
だからこそ、こんな時期だからこそ、幸せな気分になる、ほっこりした気分になるそんな歌を歌いたいですね。

体も、お休み期間があると、歌う為の筋肉が少々落ちてしまいます。
無理せず鼻歌のように体に優しく声を出していきましょう。

曲はお話のように1番から5番まで続いています♪

1 おやまに あめが ふりました
 あとから あとから ふってきて
 ちょろちょろ おがわが できました

2 いたずら くまのこ かけてきて
 そうっと のぞいて みてました
 さかなは いるかと みてました

3 なんにも いないと くまのこは
 おみずを ひとくち のみました
 おててで すくって のみました

4 それでも どこかに いるようで
 もいちど のぞいて みてました
 さかなを まちまち みてました

5 なかなか やまない あめでした
 かさでも かぶっていましょうと
 あたまに はっぱを のせました

「あめふりくまのこ」は昭和36年の梅雨時分に詩が、翌年の5月に曲が作られ、37年6月にNHKテレビ「うたのえほん」で”6月のうた”として放送、発表されました。作詞者の話によれば、小学生になったばかりの氏の長男が、雨の中で庭先の水の流れをじっと見ている姿を、たまたま2階から見つけ、この詩が生まれたそうです。(日本童謡唱歌全集より)

作曲湯山昭氏により、この歌詞の何とも言えないかわいい世界観が広がります。

「いたずらくまのこ」の仕草が浮かんできて、子供の小さな可愛い姿と重なって「そんな頃もあったね!」なんて微笑んでしまいませんか?

戦争も終わって、しあわせな時代の曲だとつくづく思います。

もう30年も前、子供たちにピアノを教えていた頃、湯山昭作曲の子供に向けたピアノ曲集が大好きで、みんなにたくさん弾いてもらいました。

「おはながわらった」「あめふりくまのこ」と、しあわせいっぱいの湯山昭の世界が広がります。

さあ!6月30日「のびのびと歌いましょう!」

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました